新型コロナウイルスに対する除去効果の実証について

COWAY(コーウェイ)は、米国の非営利研究機関「MRI Global」が実施した試験にて、COWAY空気清浄機2機種の新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)エアロゾル粒子に対する抑制効果を実証しました。

今回の試験は、米国防省提携の研究機関であるMRI Globalにより、バイオセーフティレベル3(BSL-3)の実験設備で、COWAYが製造・販売する空気清浄機「AIRMEGA 400」と「AIRMEGA 250(日本未発売)」を対象に実施。その結果、2分間で99.98%以上の除去を確認しました。なお、これは統制された試験条件下での結果であり、実際の使用空間での実証結果ではありません。実際の効果は、お部屋の状況やご使用方法によって異なります。

COWAYの空気清浄機は、すこやかで安心できる日常をサポートするために、浄化性能と品質の向上、そしてその客観的な検証に邁進してまいります。

試験概要
【試験機関】MRI Global (米国の非営利研究機関)
【試験規格】バイオセーフティレベル3 (BSL-3)
【試験対象】新型コロナウイルス(SARS-CoV-2) (USA-WA1/2020 strain)
【試験機器】COWAY空気清浄機 AIRMEGA 400 / AIRMEGA 250
【試験結果】最大風量2分運転で99.98%以上除去

試験の詳細
約0.37㎥(約370L)の密閉された試験チェンバーにエアロゾル化した新型コロナウイルス粒子を15分間放出し、チェンバー内に設置した空気清浄機を最大風量で稼働させてからウイルス濃度を測定した結果、2分間で99.98%以上の除去を確認。

これは密閉された試験空間での試験結果であり、試験製品が新型コロナウイルスを死滅させることや新型コロナウイルス感染症の予防効果を持つことを意味するものではありません。

【動画で見る】COWAY空気清浄機のフィルターシステムと浄化性能