性能

AIRMEGAシリーズの高い浄化
性能は、
外部の試験機関において
全モデル実証済みです。

大風量×高性能フィルターの
AIRMEGAシリーズは、花粉*2はもちろん、
PM2.5*2やウイルス*2、さらに微細な
ナノサイズの粒子も、しっかりキャッチ。

AIRMEGAシリーズは、目に見えない空気中の有害物質を限りなくすべて除去するために、ウイルスよりも小さい0.01㎛の浮遊粒子に対する効果を外部の試験機関において検証しています。その結果、もっともコンパクトなAIRMEGA 150を含む全モデルで99.999%除去できることを確認しました。*1

空気中の有害物質って、
どのくらい小さいの?

1㎛(マイクロメートル)は1㎜の1,000分の1。PM2.5は、直径が2.5㎛以下の粒子状物質の総称です。あまりにも微細な粒子で肺の奥深くにまで入り込んでしまうため、身体への危険性が懸念されています。空気中には、一部ウイルスのように、直径が0.1㎛以下のさらに小さい有害物質まで浮遊しています。

30㎥の密閉チェンバーで最大風量運転時の結果です。実使用環境での実証結果ではありません。0.01㎛粒子の除去率99.999%到達・安定化までの時間はモデルによって異なります。【試験機関】韓国建設生活環境試験研究院【試験方法】韓国空気清浄協会規格の試験環境下で、粒径0.01㎛の塩化カリウム粒子を浮遊させ、時間経過による除去率を確認。【試験結果】最短11分~最長34分で99.999%。【試験機種】2021年2月現在日本発売中のAIRMEGAシリーズ全機種(AIRMEGA 150/200/300/400/600/STORM/STORM mini/MIGHTY)

【試験機関(A)】(一財)日本食品分析センター【試験対象】1)スギ花粉、2)大腸菌ファージウイルス、3)表皮ぶどう球菌、4)アオカビ【試験方法】約25㎡の試験空間で(一社)日本電機工業会規格(JEM1467)に基づく試験方法にて(ウイルス)、またはそれを参考に条件を変更して(花粉、細菌、カビ)実施。【試験結果】1時間で99.9%除去。AIRMEGA STORM、AIRMEGA STORM mini、AIRMEGA MIGHTYの最大風量で実施(第18037127001-0101, 0201, 0301, 0401号)。【試験機関(B)】高麗大学(Korea University、韓国)【試験対象】インフルエンザA型(H1N1)、インフルエンザB型ウイルス 【試験方法】1㎥の試験空間で浮遊させた各ウイルスをろ過できる能力を測定。【試験結果】99.9%ろ過。AP-1015A(AIRMEGA 150同等の浄化性能を持つ日本未発売モデル)の最大風量で実施。

AIRMEGAシリーズに搭載されている
抗菌GreenHEPAフィルターは、独自の
抗菌・抗ウイルス集じんフィルターです。
キャッチした有害細菌やウイルスの活動は
フィルター上で抑制されるため、
フィルターを使い続けても安心です。

[試験1]

捕集したインフルエンザA型ウイルスの
抑制効果

抗菌・抗ウイルス加工をしていない当社の
一般HEPAフィルター

抗菌・抗ウイルス加工を施した当社独自の集じんフィルター

<試験概要>

【試験機関】(一財)日本食品分析センター

【試験対象】インフルエンザA型(H1N1)ウイルス

【試験方法】対象ウイルスを滴下した試験片でウイルス感染価を測定

【試験結果】24時間後検出せず

[試験2]

捕集したマーズコロナウイルスの
抑制効果

<試験概要>

【試験機関】高麗大学(Korea University, 韓国)

【試験対象】マーズコロナ(MERS-CoV)ウイルス

【試験方法】対象ウイルスを点滴した試験片でウイルス不活性化性能を評価

【試験結果】1時間で99.99%抑制効果を確認

マーズコロナウイルス=コロナウイルスの1種

試験で確認したのは、一部のウイルスや菌の不活化効果です。これらは統制された試験条件下での結果であり、実際の使用空間での実証結果ではありません。実際の効果は、お部屋の状況やご使用方法によって異なります。

フィルターの違いが、
空気の違い。

AIRMEGAシリーズの空気清浄機は、どのモデルもフィルター性能に妥協しません。

全モデルに高品質な素材を使用した高性能フィルターを搭載。

空気中に浮遊するあらゆるタイプの有害物質を取り除き、お部屋をピュアな空気で満たします。

上記イメージはAIRMEGA 400/400S/300/300Sの場合です。搭載フィルター枚数はモデルによって異なります。また、集じん・脱臭一体型のMAX2 Greenフィルターではなく、集じんフィルターと脱臭フィルターがそれぞれ搭載されているモデルもあります(AIRMEGA 200/STORM/MIGHTY)。

フィルター性能を持続させるための

お手入れ機能にも配慮。

例えば、AIRMEGA 150は、プレフィルターとMAX2 Greenフィルターを全面カバーごと着脱することができます。また、プレフィルター単体だけでも上方向に引き出して取り外せます。お手入れ・交換時に手が汚れずに便利です。

また、フィルターの最適なお掃除・交換時期をお伝えするお手入れアシスト機能で、フィルター性能が常に最大限に発揮できるようにサポートします。

一般的な室内環境と使用時期を想定し、当社独自の基準で算出した交換周期の目安は、集じん・脱臭フィルター(交換)は約1年、プレフィルター(お手入れ)は約2~4週間です。使用状況と空気質、モデルによってお知らせランプ点灯時期は変わります。

AIRMEGA 150

お手入れや交換がしやすいように、

フィルターは前面カバーごと取り外せます。

性能